(文庫)天地明察訂正箇所確認#1 「虎口」「L字型」

まづは、当たり障りのない、「虎口」と「L字型」から。

天地明察 虎口 2010/5/6Link
====以下単行本初版P37L8より引用
       ここう
・・・・・城の虎口である。
====以下文庫本(上)初版P42L16より引用
       こぐち
・・・・・城の虎口である。

おお、素直に直したねぇ。

天地明察 L字型 2010/4/26Link
====以下単行本初版P59L17より引用
・・・・・長いL字型の廊下である。
====以下文庫本(上)初版P69L16より引用
・・・・・長い鈎字形の廊下である。

鈎字形」っていったい・・・。角川の編集、校正はやはり壊死しているようだ。「鈎」とやらを見せてほしい。やっぱり「L」ですか?「く」の字ですか?「」である必然性が全く見いだせない。「鈎形」でいいでしょうに。鉛活字の時代は文字数を変えると大変だったけど、きょうびそんな時代でもないでしょう。散々恩恵にあずかっているくせに。・・・・・まあ、ご愛嬌ですか。

次は入力がたくさんあるので後日。

 

— posted by nitobe at 11:36 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0146 sec.
prev
2012.5
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar