蜜芋


CA3I0554


嫁が息子のために、¥250-/100gのさつまいもを買ってきた。「蜜芋」というらしい。598g¥1,500-。
2g損している。
CA3I0555


見た目はまあるいさつまいも。
オーブンを使って低めの温度設定で約90分。
電力不足の昨今、豪勢な話である。
CA3I0556


甘い。
とうちゃんは、一袋¥29-の「もやし」しか食べさせてもらってないぞ!それも電子レンジで30秒チンだ!



— posted by nitobe at 11:54 pm   commentComment [2] 

 

Sheevaplug mrtg のカウント増大を携帯メールで受信する

自宅サーバでモニタリングしているだけでは能がない。異常時には携帯電話へメールで知らせてくれるとありがたい。携帯電話のメールフィルタ設定も忘れずに。
と、いうわけで、mrtg の thresh 機能でちゃちゃっとお手軽に実現。

井戸の底の、自宅 SheevaPlug を mail server にするのは苦労が多そうなので、メール送信はdigital西行庵のサーバで・・・という線で。

SheevaPlug 側設定 /usr/local/bin/thresh.sh
#!/bin/bash
sour=/tmp
file=$sour/thresh_$1
dist=saigyo:tmp
echo Target name: $1 > $file
echo Broken value:  $2 >> $file
echo Current value: $3 >> $file
rsync -az -e ssh $file $dist
rm -f $file 2> /dev/null
exit 0
通常ここは、mail送信スクリプトだが、今回は公開サーバへデータを押し込むだけ。
mrtgの設定をして /etc/mrtg.cfg
        :
ThreshProgI[_]:   /usr/local/bin/thresh.sh
        :
ThreshMaxI[geiger]: 15
        :

一方、公開サーバ側、$home/bin/mrtg_thresh.sh
#!/bin/bash
file=/home/******/**********/tmp/thresh_geiger
to=nitosan***@ezweb.ne.jp
if [ -e $file ]
then
        mail -s "mrtg thresh" $to < $file
        rm -f $file 2> /dev/null
        exit 0
else
        exit 1
fi
これを cron で回して crontab -e
*/5 * * * * sleep 10; /home/******/**********/bin/mrtg_thresh.sh 1> /dev/null

リカバリ側も同様。15じゃぁちょっとうざいかも。20にしておこう。

携帯に、こんなメールが来る。
Subject: mrtg thresh
Body:
Target name: geiger
Broken value: 15
Current value: 16

ぶっきらぼうだが、これで充分。
しまった。これは、wikiネタだった。

   

— posted by nitobe at 10:21 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.3748 sec.
prev
2011.11
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar